嗚呼、我が青春の自転車部 ChariAmore//チャリアモーレ
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/10/12 (Tue) 終景。秩父サイクリング3!!



『峠じゃないから、緩やかに上がったり下ったりで、そんなキツくないよ』




……………………







パンチです
疲労困憊で秩父へ到着した我々は、とりあえずこの後どうするかの会議に入りました

秩父。
観光スポットが結構あるみたいで、面白そうでしたが、いかんせん、もう時間が遅い

暗闇の中、下って行くのも死にそうなので、帰る事にしました

秩父登りご飯帰るというコースに決定しました


色々見て回りたかったですが、残念です


とりあえず、お店を探していたら時間かかるので、道の駅へ


手頃な感じで、『立ち食いそば』を頼みました

いやぁ~、たかが立ち食い、

されど立ち食い

完全に身体のエネルギーが空だったので染みる沁みる(ρ_;)

信じらんない程旨かったです

そして、一応押さえるとこは押さえてきました(≧∇≦)


埼玉県B級ご当地グルメ王決定戦
優勝
秩父名物『みそぽてと』
(写真1)

美味しかったですが、できたてだったら尚美味しかったと思います


補給も完了して、我々はいよいよ帰ります

最初の難問、少しきつめの坂を難なくクリア

そして例の2キロの
『正丸トンネル』
行きは気付かなかったですが、実は坂になってて、帰りは下っていました



あの地獄のような狭い、ボコボコした悪路を………


2キロ永遠ブレーキ掛けっぱなしで下って行きましたよ

もう手が痺れて痺れて

後で聞いた話しだと、このトンネルちょっとした心霊スポットだったらしいですが、そんな事より、なにより現実が僕らに牙を向いてました…

長いトンネルを抜けると外はもう程よく暗くなってます

ライトを付けて夜間走行へ

そしてついに御披露目、大阪名古屋の旅で、前を走る本入部さんの自転車を見て憧れた、
『ファイバーライト』
(写真2)
横からの視認性もバッチリです


そして、お次は下りと言う事で、まず真っ先に僕が先頭を引く事を申し出ました


わお



わお



わおお


笑っちゃう程、楽で爽快でした
常に40キロペースくらいで走る走る

下り

まだまだ下り

まだまだまだ下り




僕らがゆるやかに上がったり下ったり平坦だったりと走っていると思っていた所

は実はずっと上がり坂だったらしいです
OΤL

帰りは行きの半分くらいの時間で行けちゃいました

いやぁ、道としては今までで一番キツい道のりでしたが、最高の下りもありましたし、初の作家さんとのツーリングでしたし、美味しいご飯も食べれたので、楽しい部会でした


今回は残念ながら、パンチのマシントラブルは無しです(°□°)


が、今も耳に残る部長の一言『補給はしなくて大丈夫?』
秩父に登る前の最後のコンビニで、パンチは飲み物はあるから大丈夫!と思い、何も食べずに進んだのですが、見事に登り序盤でエネルギーが空に……
力も出ず、前を走る二人に追いつくのも諦め、地道に登ってました


教訓
『部長のさり気ない一言にも素直に従う事』

あの時、何か食べてりゃもう少し登りいけたと思います

自転車 | comment(0) |


<<1人ポタ | TOP | 秩父サイクリング その2。>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。