嗚呼、我が青春の自転車部 ChariAmore//チャリアモーレ
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/10/26 (Wed) 木枯らし1号吹いた日に。

部員Cです。

行ってまいりました。

十石峠へ。

群馬県と長野県の県境にある峠。

高崎線の本庄駅に6:30頃着きまして、

バイクを組み立て、駅前のセブンで買い出しをして出発。

今回は群馬側から攻めてみました。

北西の風がかなり強かったので辛かったです。

くしくも今日は木枯らし1号が吹いたそうですね。

もう、冬着で走らないと風邪をひきそうです。



十石峠街道(R462)をひたすら走ります。

普段は写真などあまり撮らないで走り続けてしまうのですが

独りだったせいかちょっとだけ撮りました。

撮ってはツイッターに載せようと思ったのですが

徐々に標高が上がっていくと

私のiPhoneは圏外になってしまいつぶやけませんでした。

下の写真は国道462号線沿いにある神流湖。

まだとても冷たく静かで神秘的でした。






昼間でも日陰を走るとかなり冷たい山の中。

R462は神流川沿いを山の北側に沿って走るところが多いようです。




日陰は寒そうでしょ。



本庄を出て60km近く走ってきました。

R462はR299に名前を変えて十石峠へ。

そろそろと言うところで



通行止め。




残念でした。

土砂崩れがあったんじゃ仕方ないです。

引き返して途中で合流しているR299を右折して

秩父へ出ました。

ココでも一つ峠を越えるため眺めはとてもきれいでした。




上れば後はほぼ下り。

平坦より半分しか脚を使ってない感じ。

そのままR299を飯能方面へ。

正丸トンネルの手前を県道53号線へ。

ここでもう一つ峠を越えます。山伏峠です。

秩父側からだと結構楽な峠でした。

そして飯能から電車で帰ってきました。





紅葉が見られました。

風が強かったので色づいた葉が飛ばされていました。

それが陽の光を浴びてキラキラと光りながら

神流川へと落ちていく風景は

日本って国は本当に美しい国なんだなと改めて感じ

また、こういう風景をもっとたくさん目に焼き付けたいな

と思った次第です。

まぁ、登りが辛くて正直風景どころでは無かったのですが・・・。


IMG_4132.jpg

自転車 | comment(0) |


<<参加された部員の皆さまへ | TOP | コース>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。