嗚呼、我が青春の自転車部 ChariAmore//チャリアモーレ
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/09/30 (Thu) 部会番外編2日目。

というわけで、

後輩のパンチ君を言葉巧みに騙・・・・いや誘い、

大阪から名古屋までの自転車行脚に飛び出し、無事に京都へ到着。

そして2日目。

2日目は、京都から彦根市にあるホテルが目標です。


が、その前に・・・・

「せっかく京都来たんだからちょっと観光していこうよっ☆」

この言葉が、僕らの悪夢の始まりでした。

まずは、泊まってたホテル(←このホテル、かなり自転車に対して寛容でした。皆で今日といったときは是非♪)

のすぐそばにある二条城

二条城♪

鴬張りや、徳川慶喜が大政奉還した場所として有名です。


清水寺の舞台。
清水の舞台♪

ここは言わずもがなですね。


四条河原です。
四条河原♪

伝説では、この河原で初めて阿国が歌舞伎踊りを披露し、都人を驚かせたそうです。



他に、祇園や建仁寺、部長にオススメされた三十三間堂など行きましたが、きりがないので割愛して、


さて、これだけ京の町を満喫して、昼過ぎには京都を出発!

なんて出来るわけありません。


陽はとうに沈み、時刻は19時を指そうとしています。

彦根のホテルに伝えたチェックインは20時。

学習しない二人です。


しかし、いまさらホテルをキャンセルするわけにも行かず、(←キャンセル代が高いので)

泣く泣く京都を出て、彦根を目指します。

ナイトサイクリングです。

ナイトライダーです。


この旅で、普段サイクリングロードばかり走っている僕は、街中における自転車の交通ルールに疎い事が判明し、

自然と街中ではパンチさんが、

信号の少ない山道なんかは僕が牽くというルールができていました。

そして比叡山の麓を琵琶湖へ向かい走ること約1時間。

琵琶湖が見えてきました!
琵琶湖の夜景♪

美しい・・・。


月と琵琶湖と街の織り成すハーモニーのあまりの美しさに、二人で写真を撮りまくりました。


そして、



パンチさんの携帯の、


バッテリーが、


切れた・・・
 (ウルルン滞在記風に)


諸事情あってすでに本入部の携帯が無力化されてしまっていた二人には、

パンチさんの携帯のナビだけがたよりだったのです。


「@ぽいうytれwq (゜o゜;;

完全に指揮系統が麻痺した僕らは琵琶湖の町、大津にて完全に迷子。

さんざん迷いに迷った挙句、気づけば前より京都よりに・・・

「とと、とにかく琵琶湖沿いに走っていけばイヤでも彦根市に入るよっ

そう言って二人は琵琶湖沿いに走り出しました。

目指すは、琵琶湖をほぼ半周走った先にある彦根市です。

・・・・・

・・・・・

・・・・・

琵琶湖でかいよ!!(T◇T)


でかすぎです。

いけどもいけども彦根は見えず・・・・

泣きそうになって部長に電話したりしました。

部長、その節はありがとうございました。


彦根市の看板が見えたころには疲れてガッツポーズも出来ず・・・
やっと彦根♪

20時にチェックインすると言っていたホテルには、

26時30分にチェックイン。

実に、8時間近くものサイクリングでした。

翌日二人は泥のように眠り、

10時のチェックアウトを大幅にオーバーしたのでした。







スポンサーサイト

自転車 | comment(1) |


2010/09/28 (Tue) 部会番外編






どーも
パンチです

リアルタイムで更新出来れば良かったのですが、雨続きの今だからこそって事で

実は私パンチと本入部さんの二人は、仕事で20日間ほど大阪に行っておりました

その際、
『大阪の街を走ろうぜ』

って事で我らが愛機、【アスラーダ】と 【兼次】を新幹線で輪行して大阪入りしました
(写真1)

所があまりに忙しく、滞在中は一回しか乗る機会がなく…


が、我々にはもう一つの目的、


『とりあえず名古屋まで自転車で行こうぜ』


が、待ってました



所が台風の影響で出立の前日が雨、当日も危うい雲行き……

どうしたものかと言ったとこですが、本入部さんの



『行けるとこまで行こうぜ駄目なら輪行すればいいし』


という言葉に騙さ……いや、励まされ、我々はついに大阪の街を飛び出……す前に、大阪城を観に行きました
(写真2)


いやぁ、大阪城
意外と観るものたくさんあって

展示物面白かったし
(写真3)

たこ焼きを狙うネコとか
(写真4)


気が付けばあっと言う間に16時


……16時(°□°;)




本日の予定16時に京都のホテルチェックin。





〇TL




僕です僕が悪いんです7時に起きようという本入部さんの意見をはねのけチェックアウトギリギリまで寝てた僕が悪いんです…



あぁ…



気を取り直していざ京都へ




が、今回もやってきました

パンチのマシントラブル

フロントのディレイラーの操作を誤り、ワイヤーが伸びきってしまったらしく、シフターがびくともしない


こいつぁ困った…と、そんな時は


あって良かった




『サイクルベースあさひ』
(写真5)



パ「すいませんディレイラーが」

店「はいはい」


グッ



バチンッ



店「大丈夫ですよ」



「あれ…あのお金は」


店「あはは、結構ですよ」


『神か』


まぁ、修理に使ったの親指一つ、一秒でしたからな(-"-;)


あんなに強くスイッチ押したのに…

(僕のはシマノソラなので、インナーに落とすのはレバーでなくスイッチなのです)



なんだかんだで京都到着
(写真6)
19時入り

道に迷ったりで、60~70キロほど走りました

自転車 | comment(6) |


2010/09/26 (Sun)

新砂_convert_20100926221822

日曜日に荒川CRを走るのは、ちと怖い。

子供やお年寄りが沢山いますからね。

でも走ってきた。

朝は最高に良い天気だったから。

写真は荒川の終わり。最下流です。

遠くの観覧車は葛西臨海公園のもの。

たまにはみんなで走りたいね。


部員C

自転車 | comment(1) |


2010/09/26 (Sun) バーテープ。



部長です(^_^)

ご無沙汰しております(汗)

ちょいちょい一人では走っているんですが、なかなかメンバーの皆さんとご一緒できないのが寂しいです(泣)

私、多摩川は一時間かからずに行けるので、早く「新婚」さんにお会いしたいです!

さてさて。

社長のバーテープを交換しました。

キャプーチ柄です(*^^*)

キャプーチ柄とは、90年代前半に活躍したイタリア人ロードレーサーのクラウディオ・キャプーチが使っていたバーテープの柄で、要はスプラッシュ柄です。

社長のフレームは94年製なので時代がドンピシャ。

さらに、クロモリフレームにキャプーチ柄は鉄板の組み合わせなのです。

キャプーチは登坂が得意な名クライマーだったので、これだけでヤビツ峠の登坂も楽になりそうな気がします♪

もう空気は秋。。

良い季節なので早くメンバーで走りたいです!

自転車 | comment(0) |


2010/09/25 (Sat) 皆さんいかがお過ごしですか?

中々みんなで集まって走る事ができませんね。

ジャージも作らなきゃいけないけど、長袖の季節になってしまったしね。

住んでる所がみんな離れすぎだよな(笑)

それぞれは走っているのだろうか?

舞監さんにはお会いした事もない(笑)

新婚さんは多摩サイを走っているだろうか?自転車見たい♪(≧∇≦)

ゆうじに至ってはあだ名すら忘れてしまいましたよ。

あ、ポルトガルだ_| ̄|○
















ポルトガルって…(苦笑)














彼は帰ってきたのだろうか?


部員C

自転車 | comment(1) |


2010/09/10 (Fri) のりりんー新しい世界にー

鉄兜です。

鬼頭莫宏(きとうもひろ)の「のりりん」を紹介します。
のりりん
イブニングで掲載されています。

のっけから「チャリなんか死んでものらねーから」といいはなつ主人公ノリ。
この表紙の織田輪ちゃんを危うく轢きそうになってしまう。
彼女はノリに自転車にのることをすすめるが、、、。

ノリはとても自転車を毛嫌いしているのです(過去になにかある?)
しかし、彼女の自転車(ロータス、カーボン、50万!)のホイールを曲げてしまった負い目があったのと、免停になってしまったために、結局自転車にのることになります。

レーパンがすけててノリの仲間が喜んだり、女の子と二人で走ることによって道の走り方を考えたり、自転車にもいろいろな種類があることを知ったり、思い切りペダルを踏んで初めて知る、自分の力を推進力にかえてどこまでもいけるような全能感を感じたりすることによって、はまっていきます。

1巻はこんな入門編といったかんじでした。まだまだ人物の過去は描かれていないので、どう展開していくかが楽しみです。
鬼頭さんファンとしては鬱展開を期待してしまうのですが、チャリアモ的にはそうならないでほしいかも。

鬼頭さんの絵はシンプルで、空気がしまっていて。だからこそスピード感を感じられます。
彼自身もレースにでたり、相当な自転車のりだそうです。
裏表紙も必見です。

是非読んでみて下さい。


自転車 | comment(1) |


2010/09/10 (Fri) 一度負けて、そして勝った日

部員Cです。

ご無沙汰です。

涼しくなりましたね、今日は。

先日、1人で走ってきました。

その報告を…。

河原

この橋を渡ると向こう側は川越です。ここは国道16号線。
荒川CRをひたすら北上すると大体ここへ出ます。

道CAKG22YI

まっすぐにのびるCR。この季節は道を横切ろうとする大きな芋虫君達を度々見ます。
沢山の芋虫君達が踏まれて、破裂していました。

畑CA3REV48

黄色くなってきました。素晴らしい風景。

並木CAD08CV2

ココは桜並木。暑い日はココを通るのが楽しみになります。

嵐山CA28PDND

この日は嵐山渓谷が終点ではなかったので右の道を越えていきました。

じき山

徐々に周りの景色が山ばかりに変わっていきます。
ココはまだ埼玉なのに。良い里山がまだ沢山ある埼玉県。

入口CALZ3NWK

遂に来ました。この日の目的はココ。仙元山見晴らしの丘公園。
ちょっとしたヒルクライムです。

登りきると看板が ↓↓↓
出口CA8SMF7U

まあヒルクライムなんて言っても標高で299m。距離で1km程でしょうか。
ちょちょいのちょいで登れるだろうと思っていましたが甘かったです。
ココまで3時間ほど走ってきたとはいえ、思いのほか急な勾配に心臓が破裂しそうでした。
正直に言うと、一度降りました。そしてその場でへたれこんでしまいました。
完敗です。悔しい…
とりあえず写真を撮って山を降りることにしましたが
悔しくて悔しくて…

結局もう一度挑戦してみました。
最初はちょっとガンガン行きすぎてペース配分も何もなかったので
今度は自分のペースでゆっくりゆっくり確実に踏んで行こうと。
最初にリタイヤした場所を越えた時は、
恥ずかしながら嬉しくて声が出ちゃいました。
二度目は無事に登りきることができました。


景色CACFT0NM

ココからの景色は素晴らしいです。夜もきれいでしょうね。

部員C 

自転車 | comment(2) |


| TOP | next >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。