嗚呼、我が青春の自転車部 ChariAmore//チャリアモーレ
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/07/17 (Sat) 荒川ポタ。②



部長です(^_^)

みなさま、昨日は本当にお疲れ様でした。

本当に疲れましたね(笑)

部員Cさんを先頭に埼玉県の彩湖を出発した私たちは、荒川に沿ってCRを上って行きました。

荒川の下流の方は走ったことがありましたが、下流と今回走ったルートとではまるで違う表情です。

たくさんの自然の中を走り、田んぼ道やゴルフ場のど真ん中を突き抜け、桜並木のトンネルの日陰で涼を感じたり。

最高に気持ち良いサイクリングでした♪

が。。。

暑かったんです(泣)

何リットルの水分を補給したかわからないぐらいの猛暑に、本当にヘトヘトになってしまいました。

しかし、そのご褒美のような、絵に描いたような大きな雲が本当に美しかったです(*^^*)

川幅うどんを頂いたお店の「ゆずアイス」。

とてもサッパリしていて美味しかったです。

では次は、数々のトラブルに見舞われたパンチさん。

よろしくお願いします!

自転車 | comment(0) |


2010/07/16 (Fri) すご~い音♡

本日は部会がありましたので、先ずは部員Cが報告いたします。

まぁいろいろあったんですが、私以外の部員もココで報告する事になっておりますので

私は一つのエピソードを。

今回の参加者は、部長、本入部、パンチ、部員Cの4名でした。

荒川CRを北上して吉見町から鴻巣の御成橋を渡り、

長木屋さんという、うどん屋さんで昼食をとりました。

埼玉県には日本一の川幅(国交省が河川敷から両岸の堤防間を川幅と定義)

を持つ荒川とそこにかかる橋、御成橋

というのがありまして、そこからヒント得た地元の方々が

川幅うどんなるものを考案なさったわけです。たぶん。

その川幅に見立ててできたうどんがこちら↓

夏限定!上流・下流の川幅2537ごま汁うどん



最初に運ばれてきた時、

笑っちゃいましたw

他の部員たちも、冷やし川幅うどんなるものを注文していましたが

麺は同じもの。

皆でクスクス笑いながら食べてみました。

すると、本入部君だけ不思議な音を発ててすするのです!

彼がすする音だけ、なんともエッチな音がします。

皆で「その音はどうにかならないか?」と聞くと

「うどんやそばは音を立てて食べるものなんです。だからいいんです。」

と言って、またエロチックな音でうどんをすするのです。


チュル・・・ブジュルチュル・・・チュクジュルチョロチュル・・・


ジュボッ!



まるで彼の夜の仕事ぶりを、目の前で拝まされているような錯覚にさえ陥りました。

店内にこだまする本入部君のエロチックサウンド・・・



ジョビュ・・・チュボチュビュボビュ・・・ニュルップ!





書いていて、かなり恥ずかしくなってきたのでこの辺で。

そう!忘れてはいけません!

おうどんはとっても美味しかったです。

また行きます!!



部長。次の報告お願いたします。 部員C

自転車 | comment(0) |


2010/07/12 (Mon) 鎌倉ポタ。④



部長です(^_^)

鎌倉ポタ編、ラストです。

町田から出発した私たちは境川CRを南下(鉄兜さんの投稿参照)。

途中、日本一小さな牧場「飯田牧場」でジェラートやソフトクリームを補給(パンチさんの投稿参照)。

藤沢駅付近で境川CRを離れ車道を走り、海岸線の134号線を東へ。

鎌倉に着いた私たちは、鶴ヶ丘八幡宮を参拝。

折れた大銀杏には小さな枝がたくさん植えられ、少しずつ元気を取り戻しているように感じました♪

参拝後、鶴ヶ丘八幡宮近くのお蕎麦屋さんでお昼ご飯。

お蕎麦に舌鼓を打ったら、部員Cさんのナビのもと長谷寺へ。

あの大仏さまがいらっしゃるお寺です。

大仏さま、改めて感じましたが非常に巨大です!

便利な道具も無い中でこんな巨大な仏像をよく造ったなと、昔の人たちに感嘆です。

大仏さまに別れを告げ、次に向かったのは佐助稲荷。

お稲荷様に付き物の朱色の鳥居のトンネルを抜けて行くと、スッと神秘的な空気に変わり、鳥居を抜けるとたくさんのお狐様がいらっしゃいます。

一人で来たらちょっと怖そう(泣)

ここには何故か大きなリスが多数生息していて、私と鉄兜さんは目撃。

後発隊の部員Cさん、パンチさんは残念ながら目撃出来ず。

それもそのはず。

先発隊の私と鉄兜さんがパシャパシャ写真を撮っていたら、リスは逃げてしまいました。

すいません。

佐助稲荷の次は、銭洗い弁天へ(部員Cさんの投稿参照)。

部員Cさんもおっしゃっていますが、ここの激坂はとんでもないです!

必死に銭を洗ったのち、帰路へ。

境川CRに戻った頃には日が暮れ始め、先頭を引いていた私は日没前になんとしても町田に着きたいと考え、巡航速度をアップ。

これが鉄兜さんのガス欠を引き起こしてしまいました。

それもそのハズ。

男三人はロードバイク、女性サイクリストの鉄兜さんはクロスバイク。

体力、機材を考えても無謀なペースアップは明白なのに、メンバーのマネージメントも出来ないとは。。。

反省です(泣)

小休憩ののち、すっかり暗くなってしまった境川CRを北上。

街灯も少なくとても暗い道ですが、歩行者や自転車の存在を声を掛け合い安全運転。

思いがけず、メンバーで走る喜びを感じました(*^^*)

無事に町田に到着。

そこからそれぞれ散り散りに帰路へ着きました。

部員のみなさん、お疲れ様でした!

また走りましょう☆

自転車 | comment(4) |


2010/07/10 (Sat) お金を増やしに行こう!! ③

部員Cです。

通称「銭洗い弁天」と言われている神社が鎌倉にあります。

正式名は銭洗弁財天宇賀福神社。

部長が

「そこでお金を洗えば何倍にも増えるらしいっすよ」

と言うのです。

「増やしに行こう!」

ということになり向かいました。

小道を走っていると突然現れた急勾配!

弁財天前の坂_convert_20100710155703

フロントギヤを軽くするのをうっかり忘れてしまったために

危うく立ちゴケするところでしたが

ココは意地でインナーに入れ直し、

この坂を踏破してやろうとダンシングしていると


「崇史さん!ココっす!」

と部長に言われ振り返るとそこには鳥居が。

すっかり坂の事で頭がいっぱいになって通り越してました。
弁財天_convert_20100710155614


私とパンチ君が先にお参りに。

部長と鉄兜さんは自転車見張り役に。

パンチ君も私もお参りの仕方というか

一番大事な銭の洗い方をよく知らなかったのでかなり悩みましたが

パンチ君くんが

「このざるに小銭を入れて、この水たまり的なもので洗えばいいんじゃないすっかね」

てな感じだったので、

「ああ、うん」

てな感じで私も小銭を出そうとポケットに手を入れてみましたがポケットには

100円玉しか入っていませんでした。

脇でじゃらじゃら小銭を洗っている後輩のパンチくん。

君の小銭を俺に分けてくれないか?とも流石に言えず

仕方がないので100円玉をそこの水たまり的なところで洗い

「どうかこの100円玉が2倍にも3倍にもなりますように…」

とお参りした次第です。



我々が報告しきれていないところは

部長が報告してくれると思います。

部長、どうぞよろしく。


 部員C 

自転車 | comment(0) |


2010/07/09 (Fri) 鎌倉へ行こう!!②




パンチです。

部長のアドバイスで、我が愛車MASI…いや『アスラーダ』のタイヤにハンドポンプでできる限り空気を入れ、いざ第一目的地へ




ん…





コイツ…








走るぞ



音が違う
風を切る音がさっきまでとまるで違う


そして軽い



こんなに違うとは…部長お見逸れしました



そして第一目的地『飯田牧場』へ到着
そう、例の日本一小さな牧場です

皆がオススメのジェラートを食べるなか、一人ソフトクリームを食べました

超濃厚

そしておまけしてくれて

『超極太』

しばらくゆったりまったり涼んで、牛見て、次の目的地へと向かいました

ここからの続きは、僕の前で部長からのハンドサイン、危険信号を常に最後尾で走る僕に伝え続けてくれた、ナイスガイ、『部員Cさん』にお任せします

自転車 | comment(0) |


2010/07/09 (Fri) 大仏を見に行こう!

鉄兜です。

今日の部会の目標は

「鎌倉へ行こう」


天気は良好。梅雨とは思えません。

よほど普段の行いがいいのだと部員cさん。

部員はバラバラな所に住んでいる為、まずは集合するのに一苦労。

部員cさんはすでに2時間30分、パンチさんも1時間走った状態で東京都町田のセブンから出発。

部長を先頭に境川CR。

天気もいいし、サイクリングロードだし、テンションあがらないわけにはいきません。

無差別会釈

開始。

同じようにツーリングを楽しんでいる人とすれ違ったら会釈、される前に会釈。

むこうが大人数だと大変。

会釈会釈会釈えっしゃくえしゃえしゃ。

最後の方は曖昧になってしまいます。

されたほうも?みたいな感じだったでしょう。すみません。

そんなかんじで楽しんでいると246号道路にぶちあたり、ここから

藤沢・大和自転車道

国道1号まで18、5キロ、ずっとサイクリングロードがつづきます。

この道は500メートルごとに看板が出ています。

「246号から1、0キロ、国道1号まであと17、5キロ」

自分がどこまで行ったかわかるので、すごくやる気になります。

SN3J0011.jpg

途中の休憩した公園で、部長に「もっともっと固くしなさい。」と

指導を受けているパンチさん。

空気圧です。

固くするとスーッとした走りに、ちょっとべたっとした走りにしたいときは空気を少しゆるめにするらしいです。

好みだそうです。

次の日記はそんなパンチさんです!お願いします。

自転車 | comment(0) |


<< back | TOP | next >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。